株主優待とは、企業が株主に対して、長期保有してくれる安定した株主を期待して贈られる品物等を指します。内容としては自社製品、また、商品券など各々の企業が様々な物を用意しており、その内容によっては、利回りが10%近くに達する場合もあり人気が集まっています。株主にとっては利回りが高いほど魅力的ものとなり、また、株式の配当利回り等を含めても有利な投資方法の1つになります。株主優待は定められた時期に、ある一定の株式を取得していることによって得ることができ、その場合には企業においてもメリットが発生をします。それは、株式の配当に比べて会社側の税負担が軽くなるということです。
東証1部の企業の中にジャパンマテリアルがあります。ジャパンマテリアルは、半導体や液晶の製造過程で使用される特殊なガスの販売やガス供給施設、また装置などを提供しており、他にも牛無用のグラフィックボードなどの取扱いをしている企業として知られています。ここで手掛けている事業は、現在において生活に必要なスマートフォン等の電子機器に使用される半導体や液晶の製造過程に深くかかわっています。ジャパンマテリアルが提供をしている株主優待は、クオカードを用いており、簡単に利用できるために人気の高い物となっています。最低取引株数である100株に対しては1,000円分、1,000株に関しては3,000円分、そして5,000株では5,000円分となっており、特に、2015年の3月期末に関しては、特別優待として上場3周年記念クオカードが配られており、それは額面で100株2,000円分が割り当てられ高い人気を集めました。ジャパンマテリアルの優待利回りは2015年7月末現在で0.61%となっており、株価の配当利回りを考慮すれば魅力的な内容となっています。